ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

このページの更新をメールでお知らせ

2009年06月14日(日)

高円寺散策 GR-D2編 [デジタル写真]

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

GR DIGITAL II

今を遡ること約20年前、大学時代に住んでいた街・高円寺南口を散策してきた。お伴のカメラは、GR DIGITAL IIとKonica C35 flashmatic。こういう街には、コンパクトカメラがよく似合う(^^)。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

GR DIGITAL II

駅を出てすぐ目に入ってくるのが、pal商店街。今も昔も賑わうアーケード通りである。
流石に二十年も経てば一部の店が入れ替わっているが、道筋は全く同じだし昔ながらの店も残っていて、歩いているだけでちょっとしたノスタルジーを感じる。あの頃は、若かったなぁ・・・。

pal商店街を抜けると、そのままルック商店街に続く。こちらは商店街のすぐ裏が住宅街、アーケードもなく、こじんまりした店が連なる街。自分も二十年前は、この商店街の裏通りの住人だった。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

GR DIGITAL II

ルック商店街も店が結構入れ替わっていて、街の雰囲気が少々変わった。まぁ、この街は、昔からサブカルチャーの香り漂う街。若い世代の嗜好の変化に合わせて、街は、変わり続けているのだ。今時の高円寺を象徴するのは、上のようなお洒落な拘りのある雑貨屋さん。ルック商店街にはこんな店が幾つも出店していて、ぶらぶら歩いているだけでも楽しい。

我が板橋区赤塚の商店街も、これくらいの活気が出ると良いんだけどなぁ・・・。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

GR DIGITAL II

昔の高円寺は、古本屋、雑貨屋、レコード屋、喫茶店、ライブハウス、音楽スタジオ、居酒屋、賃貸アパート・・・そんなイメージ。

今の高円寺は、雑貨屋、古着屋、服屋、カフェ、古本屋、CD屋、音楽スタジオ、ワンルームマンション、住宅街・・・そんな感じか。

こうして並べると昔も今も大差ないな(^^;)・・・。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

GR DIGITAL II

時代を象徴するような雑貨屋さんがある一方で、時代に取り残されたような店があるのも高円寺の良いところ。この中古レコード/CDショップは、線路高架下で二十年前も営業していて、今も営業していた。懐かしい〜。

画像(300x400)・拡大画像(600x800)

GR DIGITAL II

懐かしいついでに、昼飯は学生時代に良く行ったラーメン屋「ラーメン万福」に立ち寄ってみた。見覚えある懐かしいオヤジは、流石に老けていたけれど、今も変わらず厨房に立ち、しゃきしゃきと働いていた。味噌ラーメンを食す。味の方も、昔と変わらず、美味い。

昔自分が住んでいたアパートは、もはや跡形もなくなってしまったが、この街が自分の東京における原点、ホームタウンであることに変わりはない。

今の家からは、スクーターで来る分には案外近いことがわかったことだし、これからも折を見て高円寺の商店街を訪れることにしようと思う。次回は、ぶらぶらと買い物目当てでうろついてみたい。

Konica C35 flashmatic編は、また後日・・・。

Posted by Julian at 22時46分 パーマリンク

2009年06月10日(水)

待ってるワン♪ [銀塩写真]

画像(268x400)・拡大画像(536x800)

BESSA R3A + Konica M-HEXANON 50mm F2

日曜日に現像に出した、約半年間BESSA R3Aに入れっぱなしだったフィルムの中の1枚。

多分、2月頃銀座で撮影したものだと思う。フィルムはFUJI SUPERIA100、レンズはKONICA M-HEZANON 50mm F2.0のはずだ。

撮影以来、ずっとBESSAの中で眠っていたわけで、よくぞまぁご無事で・・・である。

ちなみに、家の冷蔵庫の中には、中判フィルムと35mmフィルムが、まだ10本以上ストックしてある。どんどん使っていかないと、気づいたら期限切れなんて事になりかねない。

さ〜て。
今週末もフィルムカメラを持って街へ出よう。
新鮮なショットが撮れるといいな・・・。

Posted by Julian at 23時31分 パーマリンク

2009年06月08日(月)

昨日の慣らしツーリングの続き [FORZA MF10]

画像(268x400)・拡大画像(536x800)

α100 + Tamron SP AF28-75mm F2.8

さて、日曜日のツーリングの様子をもう少し。

実は、昨日の慣らしツーリングの目的地は、当初「道の駅きたかわべ」で、そこにFORZAを置いて渡良瀬遊水池・谷中湖へ徒歩で向かい、少し写真を撮って、来た道をそのままたどって戻ってくる予定だった。

しかし、現地に着いてみたら谷中湖へ通じる遊歩道を全面的に使って、なにやら陸上の大会が開催されており、湖へ近付くことができなかった。
そのため急遽予定を変更し、渡良瀬遊水池の北の方を通って、そのまま下妻方面へ足を延ばすことにしたのだ。

画像(400x268)・拡大画像(800x536)

α100 + Tamron SP AF28-75mm F2.8

上の写真は、渡良瀬遊水池の景色。広々とした湿地帯の中を、舗装された道が走っている。

渡良瀬遊水池の後は、国道50号線をひた走って道の駅しもつまへ。

和風レストランで昼食後、下妻から常磐高速を目指してしばらく走っていると、なにやら不思議なモノが目に飛び込んできた。


しかしそこは田んぼと畑が一面に広がる田園地帯。
あまりにも不自然な場所に、あまりにも不自然な建物がそびえている。

どう見ても「城」である。

最初、結婚式場か、あるいはラブホテルか?と思ったその建物に興味を引かれて、道を外れて近付いてみたら・・・。


画像(300x400)・拡大画像(600x800)

GR DIGITAL II

なんと「地域交流センター(豊田城)」という常総市の公共施設だった(O_O)!

石垣と言い白壁と言い、あまりの立派さに、しばし見上げる。

豊田城を後にして、しばし走ると常磐高速谷田部ICに到着。
高速走行もそこそこに、守谷SAで一服。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

GR DIGITAL II

こうして横から見ると、SP忠男のループマフラーが目立つなぁ。

この後、常磐道から外環道へ入って、無事家に帰り着いた。
帰着時間は、15:30頃。

帰りがけに近所のカメラ店に寄り、BESSA R3Aで撮影したフィルムの現像を依頼してきた。実はこのフィルム、BESSA R3Aに入れたまま、半年近くも放置していたもの(^^;)。
果たして、ちゃんと写っているのだろうか・・・。

Posted by Julian at 23時25分 パーマリンク

2009年06月07日(日)

慣らし運転 [FORZA MF10]

画像(400x268)・拡大画像(800x536)

α100 + Tamron SP AF28-75mm F2.8

雨の合間の貴重な晴れの日曜日、予定通りFORZAの慣らしツーリングに行ってきた。「慣らし」と言っても、どちらかというとバイクより人間の慣らしがメインである(^^;)。

画像(400x268)・拡大画像(800x536)

α100 + Tamron SP AF28-75mm F2.8

ルートは、首都高戸田ICから外環を経由して東北道へ行き、加須ICで降りて道の駅きたかわべへ。そこから渡良瀬遊水地を経由して道の駅しもづまを目ざし、そこで休憩。その後、谷田部ICから常磐道へ入って、外環経由で戸田ICへ戻ってきた。
最初の目的地として道の駅きたかわべへ向かうこと以外は、全て行き当たりばったり。結果的に、埼玉から茨城へ抜けて千葉を通る関東平野環状ルートになった。高速道路と一般道で、ぐるりと200km位、走ったか?

画像(268x400)・拡大画像(536x800)

α100 + Tamron SP AF28-75mm F2.8

それにしても、平野ばかり走ったのに、久々のツーリングは流石にちょっと疲れた。今日のところは、バイクの写真だけ・・・。

詳しくは、また、明日以降に続く・・・かもしれない(^^;)。

Posted by Julian at 23時34分 パーマリンク

2009年06月06日(土)

リターンライダー [FORZA MF10]

ここ最近、巷で密かに流行っている?という「リターンライダー」。
昔バイクに乗っていた人が、いい歳になって再びバイクに乗り始めることをいうらしい。

世間のはやりに感化されて、というわけではないのだが、自分も5月末にバイクを手に入れ、図らずも「リターンライダー」を実践することになった。
目的は、より軽快な撮影活動の足として使うためというのが一番、単純に趣味としてバイクに乗りたかったからというのが二番目である(順番は、実は逆かもしれない(^^;)・・・)。

手に入れたバイクは、HONDA FORZA Z ABSの中古車。いわゆるビッグスクーターという奴で、まぁ、バイクには違いないが、昔乗っていたGSX400FWとかVT250とかとは大分趣が異なる。候補としてHONDA VTRあたりも考えないでもなかったが、目的を考えると、なるべく手軽に荷物がある程度積めることが必須となり、結局FORZAのようなビッグスクーターに落ち着いた。

当初、新車での購入も考えたのだが、何しろ浦島太郎状態のためバイクの相場が全くわかない。Webで調べてみたら、ビッグスクーターの価格は、予想していた金額よりもだいぶ高額なものであることがわかった(^^;)。
この時点で新車購入は断念して、目標を、メーカーあるいはそれに準ずる正規認定保証付き中古車に切り替えた。

中古車選びに当たっては、あまり車種を広げても迷うだけだと思い、最初からFORZA一本に絞って、店もホンダドリームに絞って探した。希望としては、車種は現行のMF10か一つ前のMF08、純正品のETCとテールボックスが付いている車両がいい。程度は、ホンダドリーム基準で4つ星以上。
この条件でホンダドリームのWebで程度と値段と装備を調べ、希望に近いものがあればその店に連絡して現車を見に行った。

そうして決めたのが、手に入れたバイクだ。
ワンオーナー車の2008年式FORZA MF10で、前オーナーがその店で新車で買った車両であり、1ヶ月、半年、12ヶ月の点検を全てその店で実施した記録簿が付いている。
走行距離が1年間で20,150kmと少々過走行気味に思えたが、整備の過程を店が把握していること、納車時にはホンダドリーム認定保証中古車として基準に見合ったクォリティを保証すると店が請け負ったこと等から、今時のバイクなら、ちゃんと整備さえしていれば20,000kmぐらいで問題は起きないだろうと考え、そのバイクに決めた。

装備としては、希望通りETCと純正テールボックスが付いている。他にもナビ、ロングスクリーン、サイドバイザー、ナックルバイザー、メッシュシートカバーなどがすべて純正パーツで付いている。ETCとテールボックス以外は、特に希望していたわけではないのだが、せっかくなのでそのまま利用させてもらうことにする。更に、マフラーがなぜかSP忠男に換装されていてノーマルではない。この点は、希望と異なるのだが(別にSP忠男が嫌なわけではないが、できれば最初はノーマルで乗りたかった)、まぁ、致し方ない。
価格は、走行距離と、見た目がすっかりおじさん仕様になっているためか、同年式の他の車両と比べると割安だったと思う。納車前整備では、スパークプラグ、クラッチ、オイル類等を新品交換して貰った。

さて、バイクを手に入れ、これで乗り出せればメデタシだが、二輪車の場合車両だけ手に入れても乗れない。ヘルメットなど身につけるものが必要になるのだ。
リターンライダーという位なので、自分も昔はいろいろ持っていた。しかし、今手元にあるのは記念に残していたタンクバックのみ。かつてはヘルメットなど3個も持っていたが、今は一つも持っていない。
まぁ、以前バイクに乗っていたのは、すでに15年も前の話なので、仮に今持っていても経年劣化で使えないのだが・・・。

そんなわけで、バイクを決めたその店で、ヘルメットとグローブと車体カバーを注文し、車両価格と合わせたねばり強い?価格交渉を経て、一揃え全て同じ店で揃えてもらった。
あとは納車まで指折り数えて待つばかり・・・と家に帰るまで思っていたのだが、よく考えてみるとまだ足りないものがあることにことに気が付いた。

まず、車輪ロックがない。家の駐車場は、屋根は一応付いているが門はない。つまり誰でも外から入れてしまう。一応の備えとしてU字ロックとチェーンロックが欲しいところだ。また、踝まで隠れる靴がない。スクーターといえどバイクである。転倒したらただではすまない。さらに、レインウェアがない。バイクで少し遠乗りをすれば、にわか雨にたたられることも当然あるだろう。ずぶ濡れは避けたいところだ。

少し考えて、ロックと靴は楽天で、レインウェアはサイズがわからないので近所のナップスで揃えた。楽天を利用したのは、単純に 安かったからである(その後、靴は同じものがナップスの方が安かったことに気づかされるのだが・・・)。

長い道のりだったが、これでようやく装備は大体そろった。まだ足りないのはウェストバッグくらいだろうか。これは近所のユニクロででも買おうかと思っている。

本来であれば、今日はバイクでショートツーリングのはずだったのだが、はっきりしない天気のため、体を慣らしがてら近所を一回りしただけである。明日、天気予報によれば雨は上がるらしい。

明日は、いよいよカメラを積んでの試運転に出かける予定だ。
バイクの写真も明日、掲載する・・・予定である。

Posted by Julian at 17時40分 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2009


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

DiGiPhoto Garage TOP

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.