ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

このページの更新をメールでお知らせ

2019年05月27日(月)

見えないものを撮る [日々の徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

作品写真とは、結局のところ、そういうものなのではなかろうか。

写真は、存在するものしか写らない。
しかし写真は嘘をつく故に、「写真に写っているからその被写体は実在する」という逆説は成立しない。

作品とは、まだ見ぬ何かを創造する行為であろう。
だとすれば、写真の作品とは、「存在するものを撮影しながら、見えないものを見せる」ものとは言えないだろうか。

最近、「アートとは、真面目な悪戯である」とも思っている。
悪ふざけに近い思いつきから、変容は生まれる。
教科書的な追求だけでは、なかなか殻は破れない。

すなわち、真面目な悪戯心にプロフェッショナルな技術があいまった時、アート作品が生まれるのではなかろうか。

悪ふざけに近い思いつきから見えないものを撮り、真面目な悪戯心を持ったプロフェッショナルな技術で仕上げる。技術として、自分でできないことは外注する事も含める。

アートかドキュメントか、いずれにしても「見えないもの」を「撮る」ことで見せるのだ。

言うは易し行うは難しだけど、これかな。

Posted by Julian at 20時05分 パーマリンク  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2019年04月30日(火)

平成から令和へ [日々の徒然]

30年前の平成に続き、二度目の改元に立ち会うことになりました。

平成元年には、まさか自分が写真に手を染めるとは想像もしておらず、ましてやデジタルを経由して、その時代に既に成熟しきっていた銀塩写真を、今になって手がけているとは驚きです。

自分は、昭和に生まれ、平成を過ごし、令和に生きることになります。

そういえば、自分の母方の写真好きだった爺さんは、明治に生まれて、大正、昭和を生き、平成二年に風邪をこじらせて亡くなりました。

令和の世がいつまで続くのか、また自分がいつまで生きるのかわかりませんが、昭和、平成、令和と、少なくとも3つの元号のもとで生きることにはなりそうです。

これも一つの節目。
写真の活動も、そろそろ新しいことに取り組んでいこうと思います。

Posted by Julian at 11時19分 パーマリンク  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2016年02月13日(土)

売れる写真とは [日々の徒然]

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

Kindle版写真集をダウンロード発売開始してから一週間が経った。

当初考えていたよりも多くの方にご覧いただけたようで、本当にありがたいかぎり。
お買い上げいただいた方には、心から感謝しています。ありがとうございます。

さて、自分で写真集を作り、発売してみて思ったのだが、売れる写真というのは、やはり決まっているようだ。

端的に言えば、大多数の写真を買う人にとっては、写真に写っている被写体が写真を買う最大の理由であり、それ以外の理由、例えば写真家の名前であるとか、撮り方であるとか、作品性であるとか、で購入を決める人は圧倒的に少ない。

思い返せば自分自身も、写真を撮ることや写真を発表することを始める前は、基本的に何が写っているのかこそが写真を買うほぼ唯一の理由だった気がする。

自分はプロではないので、売れるかどうかはあまり重要ではないのだが、発表する以上は多くの人に見て欲しい、できれば気に入って欲しいとは思っている。

一方で、沢山の人に気に入ってもらうために、好きでもない被写体を撮るつもりは、頼まれた場合を除けば、あまりない。

現時点では、足のむくまま気のむくままに撮りたいものを撮りたいように撮りたいと思っていて、被写体を限定するつもりはないのだが、自分が撮りたいものと多くの人が見たいものが乖離することもあるんだろうなぁ、とは思っている。

それでは、何のために写真を撮り、何のために発表するのか。
今は、なにかを伝えるために、というのが自分の答えだ。
売れる売れないは、まぁ、どうでもいいとして、先週発売した写真集を見て、何かを感じていただけたら幸甚である。

CRP TOKYO 2015 WINTER JAPAN "passing each other" [Kindle版]

Posted by Julian at 13時37分 パーマリンク  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2015年11月17日(火)

いつのまにやら、10周年! [日々の徒然]

画像(400x400)・拡大画像(800x800)

BRONICA SQ-A + Zenzanon PS 80mm/f2.8 + FUJIFILM SUPERIA 100

2015年11月13日をもって「ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2」は、開設から10周年を迎えました。

今は10周年の感慨よりも、10年の時の流れの速さに愕然としています。

ここ最近、blogの更新はすっかり滞っていますが、写真に関する活動は継続しています。

今年、2015年は、8つのグループ展参加し、またご縁あって日本写真協会の正会員になりました。

これから先、自分の写真の活動にどういう展開が待っているのか全くわかりませんが、ご縁を大切にしながら、一歩づつ次の10年を歩んでいこうと思います。

このblogに目を留めていただきました皆様、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願い致します。

Posted by Julian at 00時06分 パーマリンク  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

2015年04月26日(日)

気がつけば・・・ [日々の徒然]

画像(266x400)・拡大画像(533x800)

気がつけば4月も末です。2015年の3分の1が終わります。

なんだか時が経つのは早いですね。

少しづつでも進化していけるよう、アンテナを高く張って置こうと思います。

併せて、スキルアップ、センスアップもしていかないとね。
今年の目標を果たせなくなっちゃう w

Posted by Julian at 18時11分 パーマリンク  トラックバック ( 0 )  コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2019


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

DiGiPhoto Garage TOP

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.