ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

2016年03月13日(日)

FUJIFILM X30 [お買い物]

画像(400x400)・拡大画像(800x800)

ここのところすっかりコンデジにはまってます。

先日のNikon S9500に続き、FUJIFILM X30を買ってしまいました。

ある日、池袋のビックカメラへフィルムの現像を頼みに行ったついでに、何の気なしに中古品売り場を覗いたら中古のX30が3台売っていて、その中の1台にオプション専用品のサムレストとレンズフードが付属してかつ最も安価な値段がついていました。

店の方に理由を聞くと、標準の付属品に不備があるため安価とのこと。
本体だけの価格としてみても相場より大分安価であり、加えて専用オプション品までついているし、またビックカメラのポイントもある程度溜まっていたので、購入を即断しました。

デジタルの撮影機材は、基本的に消耗品なので、あまり余計なお金をかけたくないのですが、気になっていたカメラではあるし、現時点では破格に安かったし、ま、良いことにします。

画像(400x300)・拡大画像(800x600)

FUJIFILM X30

X30を入手後、早速持ち出して色々撮影しています。
写りは、解像度的に、あくまでも2/3インチセンサーのデジカメの域をでませんが、トーンや発色など富士フイルムらしい真面目な作り込みがされていて満足です。
これなら、A4位の展示であれば、APS-Cのミラーレスと比較しても、さして遜色なくいけると思っています。

ちなみに、X30のJPEGとRAWを比べると、JPEG化する過程でソフトウェア的にレンズのゆがみ補正が入っているようで、RAWで見ると周辺部にレンズの歪みが残っているのはご愛嬌。このあたりの実直さも富士フイルムっぽいと思っています。

蛇足ながら、手持ちのコンデジでは、解像度だけ見れば、やはりSONY RX100M3が最も優れており、1インチセンサーは伊達ではないことを思い知らされます。Ricoh GRやFUJIFILM X100などAPS-C搭載機と比べても、A3程度ならRX100M3と見分けることは困難だと思います。

それにしても、iPhoneを手にして以降、普通のコンデジにはほとんど触手が動きませんでしたが、近年のデジカメの進歩は凄いです。
少なくとも解像度では、2/3インチセンサー機でもiPhone6など木っ端みじんに吹き飛ばすくらい、カメラとしての差を感じます。

Posted by Julian at 16時58分

トラックバック

トラックバックURL

http://photo.digi50.com/a-blog/tb.php?ID=1238

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2016


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.