ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

このページの更新をメールでお知らせ

2015年02月12日(木)

出展報告:グループ展「第7回 NGP アンデパンダン展」 [写真展]

2015年2月3日(火)から開催のグループ展「第7回 NGP アンデパンダン展」は、2月8日(日)に無事終了しました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
運営及び参加者の皆様、お世話になりました。

今回のNGP アンデパンダン展では、開幕2週間前に左足腓骨を骨折するアクシデントに見舞われ、会場での活動にほとんど参加できませんした。

グループ展そのものはおかげさまで大盛況だったようで、日々SNSにアップされる会場写真や打ち上げ写真を見ては、自業自得とはいえ、せっかくのイベントに全く参加できない寂しさを噛み締めておりました。

画像(400x300)・拡大画像(800x601)

今回の私の出展作品タイトルは、「1/15 (15分の1)」。
全てシャッタースピード1/15で撮影した作品を8枚並べました。

撮影地は渋谷と江ノ島で、「渋谷時間」と「江ノ島時間」の違いを表現しようという試みでした。

ただ、少々熟成不足というか、後から振り返ると悔いが多い作品展示になってしまったような気がしています。

特に、A3の簡易フレームにA4写真を2枚づつ入れて展示したのは、想像以上に作品が安ぽくなってしまい大失敗でした。

次回は、今回の反省を糧に、精進しようと思います。

Posted by Julian at 16時13分 パーマリンク

2015年02月06日(金)

WADACHI - 轍 - [銀塩写真]

画像(306x400)・拡大画像(612x800)

PENTAX auto 100 + 24mm F2.8 + lomography TIGER 110


残雪に残るクルマの轍。

なにがあろうと、大抵のことを乗り越えて、人の営みは続いていきます。

今日も、明日も、明後日も。

Posted by Julian at 12時26分 パーマリンク

2015年02月05日(木)

グループ展「第7回 NGP アンデパンダン展」に出展中! [写真展]

2月3日(火)から2月8日(日)まで、四谷三丁目のアートコンプレックス・センターで開催中の「第7回 NGP アンデパンダン展」に出展しています。

画像(272x400)・拡大画像(545x800)


【開催概要】
開催期間: 2015年2月3日(火)~2月8日(日)
開館時間: 11:00-20:00(最終日は18:00まで)
会場:アートコンプレックス・センター・オブ・東京 (住所:東京都新宿区大京町12-9) アクセス: 東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅 出口1より徒歩7分
JR総武線「信濃町」駅より徒歩7分
http://www.gallerycomplex.com/access/index.html
入場料: 無料

☆レセプションパーティ: 2月7日(土) 18:00〜☆

<本グループ展について>
1884年にパリで開催された無鑑査・無褒章・自由出品の美術展に端を発する「アンデ パン ダン展」は、その後各国の美術界に影響を与え、日本でもその名を冠した展覧会 が開催され ています。本展は、NGP Fotoが主催する、写真、絵画、イラスト等平面ア ートを対象とす るアンデパンダン展です。 人と人の不思議な縁に導かれて集まったアーティストたちが、各々独立したアーティス トと して自由に制作した作品を展示します。アンデパンダンの精神を宿した38名のア ーティスト による個性豊かな作品群を、是非会場で御覧ください。

■出展作家:
☆写真☆
金子 龍玄/はまかいじ/ヨシモト シンイチ/水藤 直人/東 朝美/平山 直子/AKIRA/船橋 直世 / 能見 孝一 / 佐藤 広昭 / Anotherside of the Life.木野 正好 / 山口 徹 / 森田 篤 / 木馬工房 / えづらあつし / 古郡 高廣 / ≦SA☆SA≧ / MIURA KANEHISA / michi / フジ タナオキ / osamu yamanaka / 川田 めぐみ / 蝦名 尚子 / 森山 嘉久 / 山内 雅人 / 新橋 克裕 / 北尾 辰也 / 平山 英資 / さなえっち / 松野 仁 / 濱田 晃弘 / Ryo.Y / 港の爆音屋
☆絵画・イラスト☆
絵田 真愛(パステル画) / 七海 れいん(日本画) / 孤蝶(油絵) / Natsuki Wakita(アクリル 画) / 杉崎 尭継(油彩)

以上38名、敬称略


 

画像(282x400)・拡大画像(565x800)

今回の私の出展作品タイトルは、「1/15 (15分の1)」。
1月半ばに、渋谷の街中と江ノ島の海で撮影しました。
作品は8枚の写真から構成され、それぞれの写真は1枚づつが独立した作品でありつつ、全体で一つの作品でもあります。
同じシャッター速度で捉えた写真に流れる、「渋谷時間」と「江ノ島時間」の違いを、感じてください(^^)

ぜひ、会場でご覧くださいませ(^^)

Posted by Julian at 18時19分 パーマリンク

2015年02月04日(水)

Konica AUTOREFLEX T3 with HEXANON AR50mm F1.7 [写真機徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

諸般の事情で、しばらく外出できなかったため、カメラの話が増えてます ^^;

写真のカメラは、つい先日ヤフオクで落札したKonica AUTOREFLEX T3。1970年台前半のカメラで、外観は綺麗ですが全体に整備が必要です。

レンズは、この時期のコニカ一眼レフの標準セットレンズ50mm F1.7。Konica ARレンズの中でも最もありふれていて、中古市場で二束三文で取引されているレンズです。

しかし、そんなレンズでも、今どきのミラーレス機にマウントアダプタ経由で装着して、ある程度絞って撮影してみると意外なくらいによく写ります。

一眼レフといえば、キヤノン、ニコン、ペンタックス、ミノルタあたりがメジャーですが、コニカも1970年台までは、頑張っていたのです(^^)。

Posted by Julian at 22時18分 パーマリンク

2015年02月02日(月)

Canon EOS KISS X7 + EF24-105mm F4L IS USM [写真機徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

EOS KISS X7を手に入れて以降、デジタル一眼デフの主力機は、EOS 5D mk2からX7へ、すっかり移ってしまいました。

撮影機材において、軽さと小ささは正義!
それを実感しています。

X7はボディが小さすぎて、Lレンズをつけると何ともバランスが悪いのですが、まぁ、ボディにレンズをつけているのではなく、レンズにボディをつけていると思えばいいのかな・・・と、最近は達観してきました。

さて。
この組み合わせで、これから何を撮っていくか。
春を目指して、今年の撮影活動を指導させていきたいと思います・・・。

Posted by Julian at 20時31分 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

DiGiPhoto Garage TOP

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.