ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

このページの更新をメールでお知らせ

2015年02月04日(水)

Konica AUTOREFLEX T3 with HEXANON AR50mm F1.7 [写真機徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

諸般の事情で、しばらく外出できなかったため、カメラの話が増えてます ^^;

写真のカメラは、つい先日ヤフオクで落札したKonica AUTOREFLEX T3。1970年台前半のカメラで、外観は綺麗ですが全体に整備が必要です。

レンズは、この時期のコニカ一眼レフの標準セットレンズ50mm F1.7。Konica ARレンズの中でも最もありふれていて、中古市場で二束三文で取引されているレンズです。

しかし、そんなレンズでも、今どきのミラーレス機にマウントアダプタ経由で装着して、ある程度絞って撮影してみると意外なくらいによく写ります。

一眼レフといえば、キヤノン、ニコン、ペンタックス、ミノルタあたりがメジャーですが、コニカも1970年台までは、頑張っていたのです(^^)。

Posted by Julian at 22時18分 パーマリンク

2015年02月02日(月)

Canon EOS KISS X7 + EF24-105mm F4L IS USM [写真機徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

FUJIFILM X-E2 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

EOS KISS X7を手に入れて以降、デジタル一眼デフの主力機は、EOS 5D mk2からX7へ、すっかり移ってしまいました。

撮影機材において、軽さと小ささは正義!
それを実感しています。

X7はボディが小さすぎて、Lレンズをつけると何ともバランスが悪いのですが、まぁ、ボディにレンズをつけているのではなく、レンズにボディをつけていると思えばいいのかな・・・と、最近は達観してきました。

さて。
この組み合わせで、これから何を撮っていくか。
春を目指して、今年の撮影活動を指導させていきたいと思います・・・。

Posted by Julian at 20時31分 パーマリンク

2015年02月01日(日)

熟睡中 [日々の徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

LUMIX LX-5

舌を出したまま熟睡中のにゃんじろう。

世の中では、人間の命の重みを4-500年前の戦国時代並のレベルでしか捉えられないテロ集団による、おぞましい殺人事件が起きたりしていますが、猫の寝顔を見れば心は休まります。

天下泰平。それで、よろしい(^^)

Posted by Julian at 23時53分 パーマリンク

2015年01月26日(月)

Kodak モノクロフィルムの値上げ [日々の徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

この2月4日から、愛用しているKodak T-MAX 100の価格が、135mm 24枚撮り1本 420円が790円に、ブローニー120mm 5 本で1,720円が3,280円に値上がりするそうです。ざっと2倍の値上がりです。

自家現像の準備を整え、さぁ、これからという時に、度重なる値上げ・・・。流石に出鼻をくじかれています。

しかし、フィルムカメラのメカニカルなフィーリングと、フィルム写真のデジタルではなかなか同じようにできない味わいを捨てることはできません。

なんとか、あの手この手を使ってでも、フィルムで撮ることを続けていきたい思います。

それにしても、ほんとに参ったなぁ・・・。
冷蔵庫のストックも、そろそろ底をつきつつあります(^_^;)

<価格参照>
http://www.nationalphoto.co.jp/1F/NP-FilmPrice-NowHere.pdf

Posted by Julian at 15時40分 パーマリンク

2015年01月25日(日)

今年は、どんな作品を制作していこうかな [日々の徒然]

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

FUJIFILM X-E2 + XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS

1月も下旬になっても、まだ今年の活動方針が固まりません。
仲間や知り合いの写真家達が、着々と活動スタンスを明確化していっているのとは好対照、自分のダメっぷりに呆然としてしまいます。

活動方針とはすなわち、どのような作品を制作して、どういう形で発表し、見てもらうかに他なりません。
2014年までは、どんな形であれ作品を人目に触れる場所に出すことを最優先してきましたが、今年は制作に重点を置きたいと考えていたのです。

しかし、それなのに、未だ自分のスタンスが決まらないのです。
なにを目的にどういうものを制作するのか。
そもそも、自分の作品を形作る手法は、アート寄りに追求するのか報道寄りに追求するのか。それすらも決まっていません。

自分が信じる写真表現とは何か。
そのあたりから、再度向かい合う必要がありそうです。

Posted by Julian at 18時52分 パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

DiGiPhoto Garage TOP

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.