ツレヅレ DiGiPhoto blog Ver.2

写真にまつわるお気楽blog

2013年09月07日(土)

レンズの描写とRicoh GR [写真機徒然]

画像(265x400)・拡大画像(530x800)

Ricoh GR

光学性能的に劣っているのはいただけませんが、一定ライン以上の性能を保持しているレンズにおける微妙な描写の違いなど、正直のところ自分には、ほぼわかりません。

勿論、ボケの違いとか、解像感の違い、色の濃淡の違いなどはわかります。が、「(こっちのレンズのほうが)線が細い描写をする」とか「艶やかな描写だ」とか言われても、違いがわからん!ということの方が多かったりします。

画像(400x266)・拡大画像(800x533)

LUMIX DMC-LX5

でも、なんだかよくわかりませんが、Ricoh GRが搭載するレンズが、すごい描写をするレンズだということはわかります。解像、色、コントラストなど十分すぎるほど高性能ではあるものの、なにか特別な特徴があるわけではありません。
ただ、被写体の質感というか、存在感を見事に引き出すという観点で、凄いレンズであると思うのです。

画像(400x265)・拡大画像(800x530)

Ricoh GR トラックバック企画「日差し」に参加

Ricoh GRを購入した際に、GR DIGITAL IIIを下取りに出して手放しました。当初は、GRD IIIを手放したことを後悔するかもな〜・・・と思いましたし、実際、少し後悔もしましたが、今はこれでよかったと思っています。

初めてGR DIGITALを手にした時と同じくらい、Ricoh GRが気に入りしました。

コンデジにフィルムコンパクト並みの写りを期待し続けてきた自分にとって、Ricoh GRは、一つのファイナルアンサーかな・・・と思っています。

※トラックバック企画「日差し」に参加

Posted by Julian at 11時08分

トラックバック

トラックバックURL

http://photo.digi50.com/a-blog/tb.php?ID=1136

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

9

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

プロフィール

Julian

Julian

写真を撮り始めて4年ほど。足の向くまま気の向くままに撮ってます。
銀塩もデジタルも一眼レフもコンパクトカメラもと、色々欲張ってたらカメラがやたらと増えてしまいました。機材の多くは中古品です。
トラックバックやコメントは、お気軽にどうぞ!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 DiGiPhoto Garage All rights reserved.